ビルメンテナンスのポイント Point

Service menu

Recruit

map

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町3番4号 渋谷黒川ビル2階

詳細へ

ビルメンテナンスのポイント

オーナー様とテナント・入居者様のいい関係のために

ビル・マンション管理は友隣サービスのような管理会社によるサポートが多くを担うものです。しかし、管理会社のサービス以外にオーナー様ご自身で行っていただけるメンテナンスや工夫があります。
建物の寿命を延ばし、テナント様・入居者様との良好な関係を保つためのテクニックをご紹介します。

展示物は大きく見やすいものを!

メンテナンスのお知らせなど、ビル・マンションでは利用するすべての方に案内をしなければならないことがあります。すべてのテナント・入居者様に個別に通知することはもちろんですが、エントランスなどに掲示物を貼っておくことも大切です。

ここで大事なのは、大きな文字で見やすい掲示物にすること。通常の書類のような細かな文字がびっしり並んだ書面を貼っておくだけでは、なかなか隅々まで読んでもらうことはできません。ポスターを作らずとも、書面を印刷して掲示する場合は、できるだけ大きな文字でメリハリをつけ、視線をひきつけるようにしましょう。

消防用設備の点検を忘れずに

ビルに備え付けられている消防用設備は定期的な点検と報告が消防法にて義務づけられています。消防用設備は火災発生時にビルにいるすべての人の命を救うための重要な設備です。

「どうせ使わないから」と点検を怠っていると、万一のときに正常に動作しなかったり、誤作動を起こしたりしてしまいます。

耐震・防水・大規模修繕は計画的に

ビルの修繕作業をどのタイミングで行うかはオーナーの判断次第です。管理会社との連携のもとで、必要だと感じたらできるだけ早く、かつ計画的に修繕工事を進めましょう。

雨漏りが起きてから、地震が起きてから、不具合や事故が起きてから……では意味がありません。早めに手を打つことを意識しましょう。

ビル経営のトレンドを採り入れて

近隣のビルや同等規模のビルなど、他のビル管理状態やビル経営のトレンドなど、最新情報をできるだけ入手しておきましょう。ビルを持っていればテナントが入居するというオーナーに優しい時代は終わりました。

あの手この手で近隣のビルオーナーも工夫をしています。テナントに喜ばれる工夫、ユニークな取り組みなどの情報を仕入れて、ビル経営に活かしていってください。

ビル・マンション管理のご依頼についてはこちら 東京のビル・マンション管理 →こちらから

このページのトップヘ

成功するホームページ制作はこちら